トマト

トマト

突然ですが、トマトって美味しいですよね。

子どもの頃は、どちらかと言えばトマトが苦手で、大人になってからも好んで食べるものではありませんでした。

でも、最近トマトって美味しいなと思うようになったのです。

そのきっかけは、カクテルでした。

私の友人はバーを経営しています。

たまにそのお店に飲みに行くのですが、あるとき、美味しいと有名な狼の桃という名前のトマトジュースが手に入ったという話になりました。

トマトが苦手な人でも、このトマトジュースは美味しいと言って飲むらしいと言うことだったので、じゃあ試しにとそのトマトジュースでブラディメアリを作ってもらいました。

私は、トマトだけではなく、トマトジュースもあまり好きではなかったので、ブラディメアリを自ら注文するということはあり得ないことです。

そして、この狼の桃で作ってもらったブラディメアリはとても美味しかったのです。

ちょっとだけそのジュースそのものも飲ませてもらったのですが、トマトというより果物のジュースを飲んでいるようでした。

もしかしたらトマトって思っていたよりも美味しいものかもしれないと思うようになりました。

それから、少しずつトマトを食べるようになりました。

食べ始めるとなかなか美味しいなと思うようになり、トマトが安いときには、果物のようにトマトを食べるようになりました。

トマトは美容やダイエットにも良いという話を聞いて、なおさら進んで食べるようになりました。

もしかしたら食わず嫌いだったのか、大人になって味覚が変わったからなのかもしれません。

こんなこともあるんだなという感じです。

今日も美味しそうな真っ赤なトマトを買ってきました。

夕食に食べようと思います。

オーネット

車椅子ダンスのパーティー

皆さんは車椅子ダンスをご存知ですか?

高齢の方も、足が不自由な方も、車椅子に乗って社交ダンスをするというもので、

一般的にペアの片方が車椅子で、もう一人の方が立って踊るスタイルです。

古くは1950年代にイギリスで自然に始められたそうですよ。

さすが本場ですね。

さて、私の母親は子供の頃から肢体不自由で、

10年ほど前からは車椅子ユーザーになりました。

もともと超アクティブで障害など物ともせず、

スキーやテニスなどのスポーツをしていました。

足の筋力が弱ってきて車椅子での生活となってしまった事を嘆きもせず、

すぐに車椅子ダンスの事を調べてきて習い始めたんです。

で、今日そのダンスのパーティーがあるとの事なので3歳の息子を連れて見に行ってみました。

おそらくオーバー80歳であろう方々もお揃いのピンクのレースの衣装で、

くるくると滑らかに踊る姿はとてもキレイで生き生きとしていました。

また立って踊る方も車椅子の扱いが慣れていて、

車椅子の方がきれいな曲線を描けるように手をつないで踊る姿は、

まるでフィギュアのペアのようにも見えました。

近くで見るとギョ!!っとする程濃い化粧なのですが(笑)

離れた場所で見ると衣装の華やかさとマッチしていて、

全体的にとても美しく見えました。

(息子は当初、いつもと顔が違うばぁばに戸惑っていましたが・・・)

いくつになっても夢中になれるものがある、

人前で披露する機会があるのは人を生き生きとさせるんだなぁ、

と見ていて思いました。

ところで今日はもう一つ衝撃的な出来事がありました。

母の友人に挨拶をしに行った時、

「あぁ、○○さんのお孫さんと息子さん?」

と、言われてしまいました・・・。